スタバのコーヒーって高い?ちょっと手間かけておいしく楽しく飲みたい!

気づいたらコーヒーがとても好きで、コーヒーを飲めなかった一日の終わりなんて

「あぁ、今日はコーヒー飲まなかったなぁ」

なんて思っちゃうほど、コーヒーが好きです。(じゃー飲み忘れないでしょと言われてしまいそうですが)

缶コーヒーは卒業している

自宅で豆を曳いてコーヒーを飲むようになってから
缶コーヒーは全く買わなくなった。もう4年ぐらいになります。
それまでは毎日のように缶コーヒーを飲んでいました。

セブンコーヒーなどの影響もあって、ドリップしたコーヒーが飲めるようになったのもひとつですね。

しかし、やはりおいしいお気に入りの豆を買って
曳いて飲むのが一番おいしいと思います。

外出中にもコーヒーを飲みたい

外出中に惹いたコーヒーを飲むとなると
やはりお店に行かないといけないわけですが、例えばスターバックスで言うと
スタバのドリップコーヒーを購入します。

値段は以下の通りです。

ショート:280円
トール:320円
グランデ:360円
ヴェンティ:400円

size

(出典:https://www.starbucks.co.jp/howto/store/order.html

おいしく節約しようと思うと、ワンモアコーヒー

実はあまり知られていなかったりいするのですが
ドリップコーヒーだけはHOTでもICEでも購入したレシートに

100円で同サイズ(HOTでも、ICEでも)の2杯目を提供します。

といったことが書いてあります。

なので、280円のコーヒーを頼んで、おかわりをすれば
約400円でコーヒーが2杯頼めるわけです。

Ventiを2杯おかわりすれば1180mlにもなるので量的にはお得なんですが
飲みきれなかったり、温かいうちにおいしく飲むことも大事なので個人的にはショートで十分だと思います。

しかし、会社で毎日400円~500円使ってコーヒーを飲むのももったいないなぁ、、、と考え始めました。

そうだ、ドリップしよう

スタバには数種類のコーヒー豆が販売されてますし、量り売りもしてくれるし、
ご希望の粗さで豆も曳いてくれます。

なのでちょっと恥ずかしいですが、会社の給湯室でドリッパーでせっせとドリップすることにしました。

必要なのは

・フィルター
・ドリッパー
・保温できる水筒
・紙コップ(お湯をそそぐケトル代わり)

だけです。これで初期投資は3000円ぐらいでした。

熱湯は給湯室でゲットできます。

豆を買う楽しさもある

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

豆を買うと、「COFFEE PASSPORT」というミニブックがもらえます。
こちらがよくできていまして

コーヒー豆の種類とか、産地
ドリップのやり方など、読んでいたらコーヒーが好きになれそうな内容になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタバの豆を買うと、スタンプ仕様になったシールがもらえて
各ページにそのシールを貼って感想を書いたりして楽しめるようになっています。

スタンプカードでポイントも貯まる

スタバの豆は250g入りで販売されています。
ポイントカードは100gでひとつポイントがたまるので、

徹底するなら100gずつ買うのがおすすめです。

そして、また豆を買う時もそのコーヒー袋を持って行くと
リサイクルでポイントをまたひとつ押してもらえるわけです。

このサイクルを繰り返せばポイントもあっという間に貯まっていきますね。

ポイント交換できるものもたくさんあります

point

(出典:https://www.starbucks.co.jp/howto/coffee/passport.html

100gでコーヒー豆を購入して
1日に2杯ずつ飲んでも、1週間持つぐらいなので

今までは毎日400円で、毎週2000円、毎月10000円ほど使っていた計算になりますが
毎週500円で済むようになりました。毎月2500円ぐらいでコーヒーが飲めていますし、味にも満足です。

自分で入れるので味は様々かもしれませんが
その時は「COFFEE PASSPORT」を参考に上手に入れるのを極めるのもいいかもしれません。

いつも同じ時間に買いに行くと
店員さんとの会話も増えるようになってきたので

コーヒーを通して、楽しいことが増えてきたようにも感じています。

ちょっと手間をかけるだけで
楽しくおいしくコーヒーが飲めると思います。

毎週気になる豆をチェックするのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA