アビエン マジックグリルを使ってみた感想

家族で楽しい!買ってよかった!

次はなに焼こうかな?と使うのが楽しくなります!

こんにちわ、高木です。最近手に入れたabien magic grill (アビエン マジックグリル)がとても楽しくて便利だったのでご紹介したいと思います!ちょっと前にテレビやインターネット、SNSでも話題になっていてテレビでは「ヒルナンデス」「めざましテレビ」「あさチャン!」「教えてもらう前と後」などでも大好評でしたね!一昔前のホットプレートも便利なんですが、なんといっても収納が大変!でも、このマジックグリルは分解できる3mmの未来型のホットプレートなんです。

アビエン マジックグリルのおすすめ4点

実際に使ってみてわかったおすすめできる点と、残念だったところをお伝えします。

引用:https://abien-jp.com/
おすすめポイント

・まな板のような感覚で洗って、収納できる!スマート設計!
・油は一切不要でヘルシーに調理ができる
・パンケーキ、チーズ、おもち!などくっつかない!
・プレートのみで、フレームがなくて片付けが楽

残念なポイント

・油が出るホルモンなどはめっちゃ油ハネる
・油をこまめに拭かなくてはならない
・4人ぐらいまでが限度、大人数には向かないかも
・専用のイケてる蓋がない(蒸したい)

以上から、こんな方にアビエン マジックグリルはおすすめです!

・とにかくおしゃれにホームパーティーしたい
・お肉、魚などつまみを鉄板焼のように楽しみたい
・独身の方、2〜4人家族
・モーニングにパンや、パンケーキをさくっと焼きたい
・新婚の方などのお祝いプレゼントに最適!

マジックグリルを実際に使ってみた感想

無駄のない箱

Amazonで購入したので、外箱はAmazonの箱で中を開けるとマジックグリルの白い箱!持った時に、軽い〜〜〜ってなりました!これはわくわく、中を開けてみると・・・

入っているのはこれだけ

・プレート
・電源付きの土台(脚)
・説明書
とってもシンプル!フレームがないところがマジックグリルの決め手でした!

よく比較されているPRINCESSのテーブルグリルも気になったのですが、あちらはフレームも付いているし、電源も大きいので無駄のないデザインであったマジックグリルを選びました。

この薄さが素晴らしいです
電源とコントロール部分

よくあるホットプレートのようにダイヤル付きの電源ではないので、コンセントだけのシンプルな作りで。温度調節ができるダイヤルは土台にコンパクトについています。温度は2段階で弱(180度)強(250度)の設定が可能です。

この土台の脚もとっても軽くて扱いやすい、そしてマグネットが搭載されているので脚同士をくっつけることもできるし、プレートに貼り付けて格納することも可能です。

アビエンマジックグリル 朝食にトーストを焼いてみた

二人なら広々と使える

トースト2枚、ソーセージ2本、チーズを焼いてみたんですが、まだまだ余裕のあるプレート。続けて、目玉焼きもとしてみます。

いい感じ!

温度は250度で、トーストも2分ぐらいで焼き目がついてきて、ソーセージも置いた瞬間から「ジューッ」と音を立てていました。火力は十分ですね。卵もすぐに白身が固まってきて安心。

油は引いてないけど、くっつかない

見てください!油を一切使っていないのに、まったくくっついてません。フォークでかるく持ち上げただけですが、くっつくという概念がないグリルプレートでした!

スススーとプレートの上を動いてくれるので、焼き上がったトーストを片手にプレートの端に持っていき、そこにランディングさせるように目玉焼きをスライドさせればラピュタパンが簡単にできちゃいます(笑)

アビエンマジックグリル お餅も焼いてみた!

プレートで調理しながら食べていると、他に焼けるものはないかな?といろいろ焼いてみたくなってしまうことありませんか?まさに僕はそれで・・・他にもマジックグリルで焼いてみたい!!とキョロキョロ・・・。あ、お餅が残っていたはず!と、チャレンジ!ついでに冷凍されたチーズも一緒に!

お餅は両面焼きしないといけないので少し時間かかりましたが、思いのほか熱伝導率がいいのか交互に焼いただけでちゃんと中まで焼けてくれました!優秀!そして、鉄板焼屋さんのようにお餅をチーズの上に乗せて鉄板の上でグリグリとこすりつけて醤油とバターで軽く炒めて完了!

やっぱり鉄板焼のように調理しながら食べられるのが楽しいですね!

アビエン マジックグリル お肉を焼いてみた!

コストコのお肉

夜はやっぱりお肉を焼きたいですよね、コストコで買っていた牛タンと、ミスジを焼いてみました。
テンション上がってそのまま食べてしまったのでいい感じに焼けた写真を撮り忘れたんですが、しっかりと焦げ目もついて焼き上がりました!野菜などを焼いてもちゃんと焼けます。

※ちなみにホルモンを焼くのはおすすめしません!油がたくさん出てきて、めっちゃハネました(笑)

くっつきやすそうなものを焼いてみる

明太子とチーズ

明太子やチーズもくっつきやすそうですが、まったくくっつかずに箸で簡単に取れました。焼き明太子と焼きチーズを箸でちょびちょびとつまみながらお酒も楽しめるのいいですよーこのご時世なので宅飲みに最適ですね!

アビエン マジックグリル 使ってみてわかった注意点

コンセントはタコ足じゃなくて、直挿しで使いましょう!

一番最初にマジックグリルを使った時に延長コード(タコ足)で使っていたんです。すると、なんか火力が弱いのかなぁーと思いながらもこんなものなのかな?とそのまま使ってみたんですが。2回目の時にコンセント直で使ってみたらめちゃくちゃ使いやすくなりました!前にウォッシュレットを電圧を変えて使うという動画を見たこと有るんですが、電源コンセントは本当に直で使うか、並列で使うかで製品の能力を最大限に出せるかが変わります!

アビエン マジックグリルの片付け

ふくだけでもきれいになる

食べ終わったあとのマジックグリルは水を少し染み込ませたキッチンペーパーでふくだけで、ここまできれいになります。本当にかんたん。一応お肉とかを焼いたあとは土台を外してシンクで洗剤で洗いますが、ほぼまな板を洗っているのと同じ感覚でした。洗ったあともまな板と並べて、置いておくだけ。突起物がなにもないのが扱いやすい理由のひとつですね。

引用:https://abien-jp.com/

アビエン マジックグリルの簡単なスペック

本体サイズ(W×D×H[mm])
プレート(スタンド込):約400×300×83
プレート:約400×300×33
スタンド:約200×57×72
本体質量  約2.5kg(プレート:約2kg/スタンド:約0.5kg)

加熱部エリアと保温エリア

加熱部は中心部になり、縁周りは保温エリアとして使うことができます。

引用:https://abien-jp.com/

気になるマジックグリルの電気代は?

アビエン マジックグリルの消費電力は770Wで従来品の40%に抑えられています。こちらはだいたいですが1時間で20.3円ぐらいの電気代になります。

購入後のサポートはどのくらい?

購入してから1年間は保証期間がありますので、壊れても安心!他の方のブログで故障したケースも見たことがありますが、すぐに新品と取替えてくれたそうです!こういう対応が早いと安心なメーカーですよね。

まとめ

お家での食事が楽しくなるアビエン マジックグリル
気軽に卓上に出せて、好きなものを好きな人と囲んで焼ける
忙しい朝食でも慌ただしく席を立ったり座ったりすることなく、目の前で焼いて片付けることができます。
もはやお皿もいらないかも?(笑)

早くオリジナルでイケてる蓋も発売されるといいんですけどね!餃子とか蒸し料理にも幅が広がります!

片付けの手間がとても楽になったので、気軽につかえて家族での会話も
「次は何焼こうか?」「お好み焼きとかいいね」と弾んでおります。

本当に買って良かったと思えるグリルプレートでした!
新婚夫婦の友人にもプレゼントしたらとても喜んでもらえたので、大切な人へのお祝いプレゼントにもお手頃かもです!