東京駅から成田空港までのバス「Tokyo Shuttle」と「THEアクセス」を比較してみた。

東京シャトルとTHEアクセスはどちらも1時間前後で東京駅から成田空港まで到着する。
もうそれだけで十分なのだが、どちらが利用しやすいのか?
どちらかというと、THEアクセスの方が利用者数が多いようです。その違いとはなにか?

料金と予約方法などの比較

THEアクセスの場合

■東京駅~成田空港間は1,000円(深夜早朝便は2,000円/小学生まで半額

■事前予約なしでも乗車可能。(ICカードも利用可能)

⇒満席時は乗車不可なので、混雑予想される時は予約するのが安全

予約割引がない

■座席シートが快適

■予約の受付は当日まで可能

■車両によってはトイレ付

時刻表(運行時間はどちらも約20分間隔)

多少の差はありますが、どちらもほぼ20分間隔で運行しております。
東京駅から乗車する時に関しては、どちらも満席でなければ予約せずに乗車することも可能です。当然のことながら、予約者を優先して案内されます。

東京シャトルの場合

■東京駅~成田空港間は1,000円(深夜早朝便は2,000円)

事前予約(インターネット、電話予約)で900円

現在から平成28年1月31日までの乗車分は事前予約で800円

■予約なしでも空席があれば乗車時に支払い可能(東京駅乗車時)

■予約は受付は2日前まで

■楽天トラベル利用できるのでポイントも使える

■成田から22時以降に乗車する場合は直接乗り場へ

■車両によってはトイレ付

乗車場所:東京駅⇒成田空港の場合

THEアクセスの場合

JR東京駅、八重洲南口バス乗り場7番

八重洲南口から出ると、本当に目の前にバス停があります。確かに駅からは0分ですね

THEaccess_busstop
出典:THEアクセス成田ウェブサイト

東京シャトルの場合

京成バス3番乗り場

八重洲北口より約200メートル。横断歩道も渡る必要がある

busstop
出典:東京シャトル

東京シャトルの場合は日本橋駅も使える!

実は、東京駅にばかり目が行ってしまうが東京駅近辺にはメトロがたくさん通っています。その中でも東西線を利用する方には朗報!があるんです。

僕は東西線を利用しているので、日本橋駅のA7番出口から地上にあがるとわずか50メートルで京成バス3番乗り場に到着することができるんです。これだと横断歩道を渡る必要もなければ、地上までエレベーターで上がることもできます。乗り場からはファミリーマートも近いのでいつもコーヒーを買ってから乗車するほど余裕もあります。

narita_tokyo

利用したことはないですが、半蔵門線で三越前B3出口も利用できますので、東京駅という固定概念に囚われず、一番都合良い方法を探しましょう。

東京シャトルの場合は3つの路線をうまく使おう

●東京駅(八重洲北口から徒歩5分)

●日本橋駅(A7出口から徒歩1分)

●三越前駅(B3出口から徒歩3分)

時刻表(運行時間はどちらも約20分間隔)

多少の差はありますが、どちらもほぼ20分間隔で運行しております。
どちらも50便以上の運行をしており、通常運行では東京シャトルが5:20より運行しておりTHEアクセスより少しだけ早いです。
しかし、どちらも深夜・早朝の便もありますのでこちらに関してはタイミングによるかと思います。

ただし、成田行きはTHEアクセスの通常運行は18:10が最後なのに対して、東京シャトルは21:00が通常運行の最後なので、こちらも利用価値があるかと思われます。

あくまでも通常運行料金のお話です。

運行ルートについて

東京駅⇒成田空港

どちらも銀座を経由する便がありますが、基本的には「東京駅」⇒「第二ターミナル北口」⇒「第二ターミナル南口」⇒「第一ターミナル」⇒「第三ターミナル」という順番です。

成田空港⇒東京駅

帰りのバスはひとつ注意しておきたいことがあります。

シャトルバスのルートが今度は「第三ターミナル」からになります。つまり、第三ターミナルからの乗車客がたくさん乗車している可能性があるため、「第一ターミナル」「第二ターミナル」からTHEアクセスに乗車する方は確実に予約することをおすすめします。僕は何度か予約していないばかりに乗車できないお客さんを見たことがあります。

なので、帰りは飛行機から降りて疲れているでしょうが、もうひと踏ん張りしてチケットを必ず確保しましょう。

成田空港からのバス乗り場

●第三ターミナル … 東京シャトルは1番乗り場、THEアクセス成田は2番乗り場

●第二ターミナル北口 … 2番乗り場

●第二ターミナル南口 … 19番乗り場

●第一ターミナル … 31番乗り場