奄美大島の夕食のオススメ!島唄が聞ける郷土料理屋「かずみ」へ行ってきた!

飛行機の中で知り合った方に初めての奄美だったら「かずみ」がおすすめ!と言われ、言われるがままに名瀬へと車を走らせた。
名瀬市は奄美大島の中で所謂「街」だろう。多くのお店があり、スーパーがあり、駐車場もたくさんあった。この奄美大島の中心都市である名瀬市に「かずみ」がある。

島唄が聞けて、郷土料理が食べられる

レンタカーは駐車場へ預け(1時間150円ぐらいでした)かずみへ向かう。

wp_PC050346

お店に到着すると、お店の前に立っている人がいた。

もしや、、、並んでいる!?

確かに予約した方がいいよ。とは言われていたが、これほどとは。

立っている人に話しかけると、ただタバコを吸いに外に出ていただけだったらしい。

しかし、店内に入ると満員。
ダメ元で、二人入れないか?と聞いたところ、地元の人が一緒に座らせてくれた。
こういうところも島ならではなイメージ。

※本当は予約していった方がいいです!予約に合わせて料理を作っているみたいです。

かずみにはメニューがありません

こちらでは基本おまかせで料理をお願いします。
3000円でいろんなものが出てきます。
油断していると、食べきれないほど出てきちゃうらしい。

wp_PC050322

この島の甘い味噌と絡めたゴーヤがとてもおいしかった。
なんか鹿児島なのに、沖縄にいる気分になりますね。

wp_PC050324

基本的に薄味ですが、僕は素材の味が生かされている方が好きなので
とても好きな味付けでした

このもずくも本当においしかった。

wp_PC050327

続いてはこちら

おでんのようなルックスの煮物
薄味な煮物なので、まさにおでんなのかもしれません

豚足が美味で、臭みもなく、とろとろでおいしかった
奄美大島は”豚”を大事されているので、豚はぜひ食べてみてください

wp_PC050326

そしてやっぱり魚ですね
奄美大島での呼び名で赤ウルメという魚でした。
揚げ方もとても上手で、パリッとしていてこれまたおいしかった

車エビも頭から尾まで全部おいしい。

wp_PC050331

〆めには油ソーメン

やっぱり奄美大島と沖縄は近いだけあって、似てますね。

店内では三線を弾きながら島唄を歌ってくれているおじさんもいるので
まるで沖縄にいる気分になりますが、それは沖縄を先に知っているからだなぁと思い
この奄美大島と沖縄の文化の成り立ちにも興味が出た夜でした。

料理をしながらでも、三線に合わせて歌ってくれるおかみさんは島唄のかなりの歌い手とのこと。
奄美に来た夜だからこそ、歌に食事に「かずみ」はおすすめです。

店名 郷土料理 かずみ
住所 鹿児島県奄美市名瀬末広町15−16
連絡先 0997−52−5414
営業時間 17:00~23:00
定休日 月曜日
その他

駐車場なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA